その世界では有名な友人の話し

姿勢運動機能の改善

名古屋市吹上にあるからだケア吹上の院長でメディカルトレーナーの

清水です。

 

今回はめちゃくちゃ個人的な友人の話をしたいと思います。

 

最初に申し上げますと、

彼女は私の1つ上の44歳で、2021年12月24日に他界しました。

 

その彼女の事を記録に残したい!!

全く関係のない人にも彼女の存在を知ってもらえたら…

という完全に個人的な想いで書き記させて頂きます。

 

長くなる予感しかしませんが、最後までお付き合いいただけたら幸いです。

 

その世界ではかなりの有名人でしたし、

yahooニュースにも取り上げられるくらいなので、名前も出しちゃっていいでしょう。

彼女は「海老原 宏美」という、先天性の疾患を持つ女性でした。

俗にいう(?)障がい者と呼ばれる人でした。

 

彼女との出会いは2001年の夏。

 

当時私は福祉大学を出て、学生時代から専攻していた身体障がい者福祉に取り組むため、

兵庫県西宮市にある障がい者団体で、アテンダント(俗にいうヘルパー)をやっておりました。

 

その団体のイベントとして、

車いすユーザーと健常者が、公共交通機関(主に電車の駅)のバリアフリーチェックを行いながら旅をするというものがありました。

 

た・だ・し

 

移動は徒歩(車いすユーザーは健常者が押す)

そして宿泊は野宿!!!wwww

 

7月半ばからスタートしたので参加者全員終わった頃には真っ黒でした(^^;)

 

し・か・も

 

それまで日本国内で行っていたイベントでしたが、

その年は韓国からの研修生が「来年はサッカー日韓ワールドカップもあるし、韓国でやりたい!!」という事で、

韓国の釜山(プサン)からソウルまでの約500キロを旅する事になりました。

韓国の障がい者団体と合同で。

 

 

真夏に京都~東京間に値する500キロを徒歩・・・

しかも車いす押して・・・

さらに公園とかで野宿・・・

 

しかも場所は韓国・・・

 

さらに日本人・韓国人、その他の国籍も数名・・・

 

 

よー-----く考えて下さい。。。

 

かなり無茶苦茶なイベントでしょ?

その分、まず普通に生きていて体験できない経験ばかりで

相当面白かったです(*^-^*)

 

このイベントで韓国に行ったのが私の初海外でしたし、

このイベントをきっかけに私は異文化に興味を持つようになったので、

この頃の私は韓国語はもちろん、

英語も「My name is~」の一般的?日本人の英語レベルでした。

 

ですがこの頃は既に手話はペラペラ(?)にできていたので、非言語コミュニケーション。

早い話がジェスチャーなり身振りで伝える術は身に付けておりました。

 

 

海老原さん(通称エビちゃん)とはそのイベントで出会いました。

 

既に車いす生活をしていた彼女は受け入れてくれる大学がなく、一浪して大学に入ったようです。

なので、年は1つ上でしたが、私と同じくその年の4月に大学を卒業したばかりでした。

 

あとで聞いたのですが、進行性の難病を持ち、重度障がい者とされる彼女は、

その過酷過ぎるイベントに参加したおかげで病状が悪化したそうです(笑)。

 

まさに身を削る想いですな(^o^;)

 

※茶化したようなふざけたような言い回しは、彼女と私の間柄だからあえてやっている事です。

 

エビちゃんはこの頃から溢れんばかりの知性と品性を醸し出す素敵な女性で、

「この人は将来大物になるんだろうな~」と感じずにはいられない、器?の大きさを感じさせる人でした。

でもおふざけにもちゃんと乗ってくれて、よー--く笑う、本当に素敵な女性でした。

 

 

案の定・・・

 

イベント後に彼女は東京の東大和市というところで障がい者団体の代表となり・・・

 

 

 

小池知事に宛てた手紙がちょっとした話題になり、

「東京都女性活躍推進大賞」なるものを受賞したり・・・

 

f:id:karadacare-fukiage:20220106192427j:plain

小池知事とエビちゃん。と他の受賞者の面々

 

視点も切り口も頭の回転も素晴らしい上に話も上手いので、

テレビ出演も頻繁にするようになり・・・

 

f:id:karadacare-fukiage:20220108161725j:plain

NHK障がい者番組では引っ張りだこだったエビちゃん

 

f:id:karadacare-fukiage:20220108161614j:plain

壇蜜と並べられるエビちゃんwww

 

 

彼女を主演とする映画までできたり、

 

f:id:karadacare-fukiage:20220108161810j:plain

ぶっちゃけ映画はまだ見ていませんwww

 

 

さらには本まで出版するなんて事に…。

 

f:id:karadacare-fukiage:20220108161800j:plain

この本は現在でもネット・書店でお求めいただけますwww

 

f:id:karadacare-fukiage:20220108161750j:plain

サインもらっときゃよかった…ww

 

 

と、まぁ あれよあれよとその世界ではかなり有名になり、

雲の上の存在のようになってしまいました。

 

 

それでもちょいちょい連絡は取っていたのですが、

なかなか会う機会はありませんでした。

 

エビちゃんが映画の舞台挨拶?トークショー?で名古屋に来ていた3~4年前。

今や有名人で名古屋にも仕事で来るわけだし、絶対忙しいよなぁ…。

と、連絡を躊躇していましたが、なかなか会えないんだし、ダメ元で連絡しよ!

そう思い連絡してみたら、

「もー今から帰るのよー。今名古屋に住んでるんならもっと早く連絡してよー」と、

結局会えませんでした。

 

 

そんな訳で、彼女と最後に会ったのは12年前。

 

去年12年ぶりに東京に行ったとブログでも書きましたが、

12年前は海外から帰ってくるのに成田空港を利用したため、

その日はエビちゃん宅に泊まらせてもらったのでした。

 

f:id:karadacare-fukiage:20220108165326j:plain

12年前のエビちゃんとチャラい?頃の清水(^^;)

 

出会いがインパクト大きすぎるイベントだったのもあり、

直接会う機会が全くなくても、常に刺激をくれる大切な友人でした(清水にはww)

 

 

そう言えばエビちゃんと出会った、韓国でのイベント写真も、

エビちゃんの死をきっかけに最近頂いたので載せておきます。

 

f:id:karadacare-fukiage:20220108170230j:plain

ここでも取材班によく囲まれてたエビちゃん

f:id:karadacare-fukiage:20220108170216j:plain

エビちゃんを押す21歳の若かりし頃の清水。学生時代から髪色変え過ぎて、
今では毛根死んでます…www

 

 

と、まぁ何を訴えたいとか特にないのですが、

尊敬すらする大事な友人だったエビちゃんの意思を、

関心を持って下さる方がもぉぉぉぉぉぉぉし おられたら伝えたいな…という所です。

 

あと、会いたい人・やりたい事があるなら、

「いつか会おう」「いつかやろう」じゃなくて、

すぐに会いに行こう・挑戦しようって事を再確認しました。

 

頭では分かってますけどね。

次・・・がある保証はどこにもないなんて事。

 

 

 

エビちゃんの著書「私が障がい者じゃなくなる日」は、

エビちゃんの死をきっかけに最近買いました←最近かい!?www

 

とても良い本ですので是非とも読んでいただきたいです!!!

小学校でもよく講演に招かれていたエビちゃんが、

そのまま子供にも理解してもらえるよう作ったみたいで、

文章はもちろん、話の流れから文字の大きさから挿絵の多さなど、

とても読みやすいものです。

私は1時間くらいで一気に読み終えました。

 

でも・・・とても深い内容ですよ。

 

 

障がい者って何だろう?

合理的配慮って何だろう?

平等って何だろう?

人権て何だろう?

人間の価値って何だろう?

 

生きるって何だろう?

 

こうやって書くと小難しく聞こえますが、大丈夫!

清水でも読めましたし、ホント分かりやすい・理解しやすく書かれています!!

 

 

障がい者問題?に関わっている人以外に是非読んでもらいたいです!!

小さい子供を持つ親にも是非是非読んでもらいたい!!!!

 

私清水ので良ければ喜んでお貸ししますので、

お近くの方は是非ご一報下さい!!!!!

 

ホント、視点を変える・思考を広げる・生きる事や命の価値を考えるきっかけになってくれると思います。

 

結果、自分の人生を、生きる事を、

豊かにする糧になってくれるのではないかと思います。

 

恐らく普段そこまで深く考えない事かな?と思うので、

これを機に是非×是非お読みくだされ~!!!

 

 

私に印税?は一切入りませんがめっちゃ推しておきます!!!←www

 

 

 

以上、その世界では有名だったエビちゃんの話しでした。

読んで下さった方、本当にありがとうございましたー!!!

 

 

ー--------------------------

 

 

Yahooニュースにも上がってたんで、一応そちらも添付しておきます。

 

news.yahoo.co.jp

 

 

 

一応自分のとこのHPも載せておきますwwww

 

www.karadacare-fukiage.jp

からだケア吹上が目指しているもの

姿勢運動機能の改善!!

名古屋市吹上にある からだケア吹上

代表でメディカルトレーナーの清水です。

 

ずー--っと迷ったり定まらなかったりしていた、まくら言葉?

のようなものが、徐々にしっくりくるものとなってきました。

 

それは『姿勢』 と 『運動機能』 の改善 です。

 

複雑な人間の身体。

 

これやれば良くなる…

これだけでOK…

と言うあまりにも端的すぎる表現が嫌いで、

かつ、

集客のために目を引かせたり

甘い言葉?で興味を惹せるような、

半ば詐欺まがいの謳い文句もしたくない…。

 

でも専門的な言葉を使っても、一般の方には何をしている所か伝わらない…。

そんなこんなでずー----っと1人勝手に悩んだり悶々としておりました。

 

それがようやく腑に落ちるようになってきたというか、

落ちついてきたように感じています。

 

からだケア吹上は、

痛みや不調などを出さず、

今よりも動きやすい健康な身体を作る為、

姿勢運動機能を改善するパーソナルケア施設です。

 

うー--ん。やっぱり伝わりにくいでしょうね…(^_^;)

 

一般的となっていない事を伝えるのってやはり難しいですね。

いくら自分が正しいと信じている事でも、上手く伝わらなければ意味がない…。

 

姿勢の改善は、まぁ分かる…

でも

運動機能の改善て・・・何!?!?

パーソナルケアって・・・何???

 

まだもう少し葛藤は続きそうです。

 

 

 

前置きがかなり長くなりましたが、

今回は当院(これも当店というべきかずっと迷い中)

が目指している事について書かせて頂きます。

 

 

姿勢と運動機能を改善する事で結局何を目指してるの!?!?

と言うと、

 

ずばり

 

生活・人生の質の向上

です。

 

 

まだ広く普及していない言葉かもしれませんが、QOLの改善ってやつです。

QOLは福祉用語になるのかな?

Quality of Daily Lifeの略語で、「生活・人生の質」を指します。

 

脱福祉を掲げてセラピストとなった私ですが、結局行きついたのは広い意味での福祉。

生活や人生のために・・・でした。

 

首・肩・腰などの慢性痛や

疾患による痛み・麻痺・能力低下など、

セラピストとして人の身体を診て健康に寄与する人間が、

何故に生活や人生を語るのか!?!?

 

私がセラピスト(トレーナー)として間近に見ているものは、

目の前の方のお身体であり、健康です。

いわゆるADLです。

ADLとはActivities of Daily Livingの略語で、日常生活の動作の事です。

 

ADLは介護や医療の世界でよく使われている言葉なので、

どうしても対象者は高齢者や障がい者、疾患をお持ちの方にされがちですが、

私は生きている人間全てを当てはめて考えています。

 

痛みや不調が生活に支障をきたしていたり、

生活を送る上で苦痛・悩みとされている

お身体の問題は、

より正しい身体の使い方や運動機能を改善させる事で、日常の動作が変わり、

劇的に改善させられるケースがあります。

 

ADLの改善・向上により、

その先にある生活や人生の質を、改善・向上して差し上げたいのです。

 

 

身体が変われば生活が変わり、

生活が変われば人生が変わる…

 

大それた事を口にしますが、常に本気でそれを目指しておりますし、

これまでの経験上、本気でそう思っています。

 

ですので、当院で行っている

姿勢の分析や運動機能テストで数値が改善されるのはとても嬉しい事なのですが、

1番嬉しいのは、

生活の質が上がった・生活が変わった・・・

というような事をお聞きするのが鳥肌が立つくらい嬉しいです。

 

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、生きててよかった…(;´Д`)

レベルで嬉しいのです。

 

その方の現在のお悩みだけでなく、職歴や運動歴、

ご家族の事や私生活の事をお聞きする事があるのは、

生活をより良くするお手伝いがしたいからです。

 

コロナ禍で嫌われものの言葉となったであろう、

『密』に関わりたいのです。

 

とは言えお互い人間同士、相性や求めているもの、

価値観などに違いはあって当然です。

 

なのでからだケア吹上では「お試し」というものをご用意しております。

お互いに擦り合わせる事で、判断していただき、

私も判断させて頂こうという事にしています。

 

より良い生活と人生を送る上で、大切なものは数えきれないほどあるとは思いますが、

突き詰めて突き詰めて考えると、

やはり「時間」「健康」

ほど大切なものはないのではないかと個人的に考えています。

 

もちろんお金も超ーー-重要なのは言うまでもないのですが、

取り返しがつかないモノ、お金では買えない価値

という点で、時間と健康ほど大切なものはないのではないかと思っています。

 

からだケア吹上は清水が1人で営んでいます。

私の時間も有限で、「密」に関わらせて頂きたいがため、

1日に受け入れ可能な人数はかなり少ないです。

 

それでも私はご利用いただく方の健康と生活、人生のため、

そして自分のため、自分の家族のため、このスタイルを変えられないなぁ~と感じています。

 

カッコつけた事を言っていますが、正直経営者としてはダメダメなので、

来年からは理想や綺麗事だけではなく、

もう少し経営者として重きを置きたいとも考えています。

 

これからも自分が信じる事、正しいと思う事、やりたい事を追求しながら、

目の前の方の生活や人生のお役に立てるよう、全力で取り組ませて頂きたいと考えています。

 

取りとめもなくなりましたが、最後までお付き合いくださった方はありがとうございます。

皆さま今後ともよろしくお願いします~!!

 

www.karadacare-fukiage.jp

恐怖体験をしました①

こんにちは。

手技療法+運動療法・トレーニング・リハビリを提供し、

姿勢運動機能の改善を図るからだケア吹上です。

 

実は先日恐怖体験をしました。。。

 

何かというと「インフルエンザによる40℃を超える高熱」です。

 

 

世間で流行する前に罹ってしまうとは、

自分でも要らない流行を先取りしてしまったなー

という感じです。

 

今回も長々となる予感しかしませんが、詳細を書かせて頂きます!

 

 

-------------------------------------------------------------

 

 

先週12月3日(金)の夜寝ようとしてたら、今日はやたら寒いな〜なんて感じてて…。

 

ちなみに私はかなりの暑がりで、北陸生まれなのもあってか、寒さには強いです。

真冬でも周りより薄着で、よく「そんな薄着で寒くないの?」とか、

「バカじゃないの?」と言われるくらい寒さに強い自負があります。

いや、本人は普通に寒いと感じてますけど、その度合いが恐らく一般平均より低いというか、

寒いという感覚に耐性がある方なんだと自覚しております。


それはさて置き…。

本当に寝ようとしていた時だったので、まさか体調が悪いのか!?なんて思ったけど、寝るしかない!!と体温も測らず寝る事にしました。
でも寒気で早朝に目が覚めて、これはおかしい!?
て事で体温を計ったら38.7℃。

 

f:id:karadacare-fukiage:20211211094459j:plain

 

 

 

えーーーーー(゚Д゚)

 

めちゃ熱あるやーーーん!!!

 

どうりで寒気を感じるし関節痛もする訳だ…。

 

て事でコロナ禍だし、電話してからじゃないと病院側も困るんだろな〜と
一昨年・3年前とインフルエンザでお世話になった最寄りの病院に電話したら、
今はインフルエンザの検査はやってない、

かつ、高熱の方はオンライン診断になるんですって。


それじゃ…ねぇ…(-。-;

 

て事で、もう1軒過去にインフルエンザ?風邪?でお世話になった事がある、

別病院に電話。

そしたらそこも今はインフルエンザやってないとの事…。

 

その時点で体温は39°・・・。

 

f:id:karadacare-fukiage:20211211094636j:plain

 


どのくらいの内科・病院がそういう対応になってるのか分からないけど、今ってそーなんですね。

 

あくまで推測ですし、批判したい訳ではないのですが・・・。

 

コロナ患者が来ちゃう確率が上がるからか、インフルエンザの予防接種はしても、実際にインフルエンザ疑いのある高熱患者は受け入れないんですね…( ̄ロ ̄lll)

 

それって医療としてどーなのさ!?と思ったり、
クラスター感染して院名が公表されたら、風評被害に遭うとか、
病院としても職員を守る必要がある…
とか、推測される言い分も分からなくはないけど…。

 

正直、体調を崩したのは自分の責任であって、他者を責めたり非難するするのはお門違いなのですが…。

何ていうか、本当に辛い者を救うのが医療じゃないの?

とは勝手ながら感じました。

本当に自分の身体がしんどかったので。。。

 

そんなしんどい体にさらに失望が加わった中、思い出したのが、以前勤めていた病院。

 

あそこの院長なら生真面目だけど医者の鏡みたいな人だから、きっと受け入れてくれるだろー!
て事で電話したら、やっぱりちゃんと受け入れてくれました。

 

この急な発熱と関節痛・喉の痛みは、まさしくインフルエンザだろう…と思っていたけど、やっぱりコロナも否定はできないな…と思ってたら、
ちゃんと両方の検査をやってくれました。
辞めちゃった元職員を、丁寧に診てくれてやっぱりこの先生は本物の医師だな…と感じたものです。

 

 

院長も典型的なインフルエンザの症状だね…と言いながら、

インフルの検査では陰性になったので、発症からあまり時間が経過してないからかなぁ…て事でした。
PCR検査は翌朝にしか結果が出ないので、

「明日の午前中に電話するねー。

君の年齢ならインフルだろうがコロナだろうが対応は一緒だから、薬に頼って無理に解熱させるのではなく、水分しっかり摂って汗をいっぱいかいて自己免疫の力でウイルスを撃退しよう!!」と漢方薬だけもらい帰りました。

 

既にその頃はがめっちゃ着込んでも震えるくらい寒気が酷かったです。

そしたらついに恐らく人生初かな??と思うのですが、
体温40℃超え!?
(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)(゚Д゚)

 

f:id:karadacare-fukiage:20211211094536j:plain

 

 

しかも40.2 → 40.3 → 40.7と、
40℃に突入してからも記録更新を繰り返しました。


食べ物どころか水分(お茶)すら飲み込むのがかなり辛いくらい喉が張れてる。

けど、どうにかできる。


でもこんなめっちゃ着込んでも寒気が止まらないし、季節的に汗すらかけない季節に、汗をかくって体調不良の人間がどーすんの!?と、

理屈ではわかっていても、やり方が分からず水分補給しまくっても汗どころかおしっこも全く出てこなくて困り&弱り果てていました。


40℃超えると「身体が辛い」…を通り越して、動けないんですね。

マジで。

予期せず時間ができたから、youtubu見たりスマホでゲームしたり、

ゆっくりのんびり体を休めよう…

何て事は一切できませんでした(゚д゚lll)

 

寒気を堪え、ツラ過ぎて眠れもしないので、ただただじっと布団に丸まり続けるのみ・・・。

 

とにかくツラ過ぎて動けない・考えられない…って感じで、

熱が下がった38度台の方がより具体的に頭が痛い・喉が痛い…とより辛さを感じました。

幻覚とまではいかなかったですが、思考も通常通りのつもりでも何となくおかしい。。。

 

暑がりと同じく、私は超が付くほどの頻尿なのですが、

頑張ってお茶を飲んでも飲んでも汗どころかおしっこすら出ない・・・。

我ながらビックリでしたね。超ーーーー頻尿の自分がこんなにお茶飲んでるのに排尿されないなんて…。

 

そんな時、普段自分がトレーニング指導している呼吸筋を働かせて自律神経を落ち着かせる運動をやったら、何か+の影響はあるだろうか?

ふとまともな事を考え付き実践してみました。

 

 

そしたらね・・・・

 

 

なんとね・・・・

 

 

マジでね・・・・・・

 

 

暑い冷たいの感覚がおかしくなってる、不感状態の自分でもわかるくらい汗が出てきたんですー!!

 

それもかなりの量が!!!!!!!!

 

 

たまたまなのかも知れませんが、自分的には

横隔膜の動きを意識し腹横筋を効かせて骨盤の前後傾運動を繰り返し、

今できる深く正しい呼吸を…

 

なんて理屈を考えながらやってはいたのですが、まさかこんなに即時効果として現れるとは…。

正しい呼吸ってこんなにも大切なんだ…と改めて痛感しました。

ってかマジで驚きました!!!!!!

 

インナーが雨の中にいたかのようにびしゃびしゃに濡れるくらい汗をかいたので、

それをきっかけにみるみる37.1℃まで下がりました。

 

f:id:karadacare-fukiage:20211211094558j:plain

 

 

熱がある程度下がると動けるんですね、人間て。

調子を良くして起きてスマホなどいじっていたら、

ウイルスは撃退しきれてなかったのでしょう。

 

その数3時間後にまた40.7℃の記録更新…(^◇^;)

 

 

f:id:karadacare-fukiage:20211211094605j:plain

 

3時間で人間の体温が3℃も上がるなんて!?!?!?

そら体おかしくなるよ!?(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)

 

40℃台〜39℃台をいったりきたりが土日の丸2日間続いてたので、さすがに感覚がおかしくなってました。

 

指先の感覚しか正常に働いてなくて、汗かいてびっしゃびしゃの服も、腕・胸・胸お腹・背中の感覚では感じられず、手を突っ込んで確認したり、
濡れて色が変わっている枕を見て頭からも大量に汗をかいていたのを知ったり…。

毎日快便の自分が2日間出てないし、摂取量に対して明らかに排尿量は少ないし…。

 

何より自分で驚いたのは、辛い時には寝て体を休めるもんだと思うのですが、

眠気が来る事が全くなく、2日間ほぼ眠っていなかった事です。

人間体がツラ過ぎると眠る事も出来ない場合もあるのですね。。。

初めて知りました。。。(-_-;)

 

 

そんなこんなで、どうにか食事はお粥とかうどんで食べられていたけど、

さすがに体がキツすぎるので、薬に頼らせて欲しいと考えて迎えた月曜日。

 

午前中だけ様子見て、これでもダメならもう耐えられない…て事でインフルエンザの特効薬を出してもらおうと考えてたら、
お昼頃に急激に体が楽になってきたのを感じました。

 

この2日間体感した事のない体の楽さ。

 

月曜のお昼を過ぎてからは、2日振りに排便もあり、おしっこも普段のような勢いで出るようなったのです!!


て事で、その後は37℃前半〜半ばの微熱がまた2日ほど続き、

院長の見立て通り発症から5日でほぼ回復したのでした。

 

微熱期間の方が喉の腫れがまだ引ききってなく、普通の食事を食べたらパンが痛くて飲み込めないってくらいでした。
やはり40℃超えを2日間経験したダメージはまだ残っていたようです。

 

だけど40℃台だった頃を思えば微熱なんて完治したー!と勘違いするくらい体が楽です。

本当に体がつら過ぎて、何一つできなかったんよね。
寝てるだけだからスマホでゲームなりYouTubeなりやり放題なのに、そんな余裕なんてものはなく、音楽を聴くとかそういう余裕は一切なく、頭で何かを考える事もできず、ただひたすら震えながら無心で耐えるしかなかった…て感じでした。

 

 

ちなみにPCRはもちろん陰性でしたYO。

個人病院だし、日曜は当然休みのはずなのに、院長直々に電話して来てくれました。

その2日後にも「調子どう??」と個人的にお電話をくださいました。

ホントツラかった分、そのお心遣いだけで泣けてくる…。

 

もひとつちなみに、今日(12/11)現在、自院にある抗原検査でももちろん陰性でした。

 


そしてインフルエンザ予防接種は、来週金曜の17日に受けてきます。

予防接種よりも先に罹るとは・・・(-_-;)

 

巷ではコロナに関して使われていると思いますが、「ワクチンは重症化を防ぐ」ってのを肌で感じる事ができました。

やっぱり予防接種って大事!!!!!

 

去年の濃厚接触者にされて自宅隔離の時と違い、

子供達も明らかに父親の異変?元気のなさ?を感じ、ちゃんと隔離させてくれたので、それも子供達の成長として感じられて良かったです。


あと家の事から子供たちの事まで、生活の全てをシングルマザーのように1人でこなしてくれた妻に改めて感謝です。

 

何もできなくてもご予約だけは事情を説明してお断りしなければ…という事で、

こちらの都合で全てキャンセルさせて頂いたのに、

ちゃんと休んで!しっかり療養しなさい!と温かいお言葉を下さったお客様にも、

やっぱり感謝しかないですし、自分はどこまでも恵まれてるな〜と痛感しております。

 

一般的にインフルに罹った奴がいうセリフではないでしょうが、

インフルエンザやコロナなどの感染症は、

予防対策がとても大切なのは言うまでもないと思います。

 

が!?100%防ぐ事は不可能なので、気をつけよう×気をつけよう!!!と過剰な警戒を促す…いうより、

基本的な事・当たり前としてやるべき事をしているのなら、

あとは少しでも健康的で楽しい日々を過ごす努力をしましょう!!と個人的に思いました。

 

私は普段地下鉄やバスにも乗る機会は一切なく、家族以外に顔を合わせる人と言えば、

自院にお見えになるお客様のみです。

 

人との接触は普段から極端に少ない私がインフルエンザというものに罹ったので、尚更上記のような事を思いました。

 

ちゃんちゃん。

 

 

皆さま基本的な予防策を講じたら、あとは攻めの予防ですよ!!!

楽しく過ごす!!いっぱい笑う!!早寝早起き!!

 

それ以外にもっと攻めるとしたら・・・

 

 

からだケア吹上で姿勢の改善運動機能の向上です!!!wwww

 

でも院長がインフル罹ってるから説得力ないですよねwww

 

いやいや、どれだけ用心してたり対策してても、なる時はなりますやん。。。

でもやるとやらないでは先々に雲泥の差が出てくるはずでしょ????

そういう事です。

 

ではでは~(*'ω'*)/

 

 

【当院の公式HP】

千種区のパーソナルトレーニング&整体院 からだケア吹上

 

【当院の公式LINE】

お問合せやご相談はお気軽に~

からだケア吹上 | LINE Official Account

 

【インターネット予約はこちらから~】

からだケア吹上 予約受付

東京出張してきました

健康のためにできる事を!

名古屋市千種区の吹上にある治療系パーソナルトレーニング&整体院の
からだケア吹上です。
 
11/13~12日と東京に出張に行って参りました(ok)

f:id:karadacare-fukiage:20211115144906j:plain

当院が導入しているシステムの1つ。
リハサクさんの会社訪問。いわゆるオフ会(beer)に参加するためです。
 
名古屋から参加する私が1番遠方かと思っていましたが、
東京や横浜はもちろん、福島や金沢からわざわざお見えの先生もおられました。
 
コロナ禍のオンラインセミナー等で何度も顔を合わせていた方々にようやくリアルにお会いする事ができ、
それまで何故か大嫌いだった東京で、とても楽しい時間を過ごす事ができました(blush)

f:id:karadacare-fukiage:20211115145016j:plain

f:id:karadacare-fukiage:20211115145152j:plain

f:id:karadacare-fukiage:20211115145159j:plain

オフ会に参加するのがメインの目的でしたが、飛び入りで学会に潜入したり、都内の接骨院とトレーニングジムの施設見学をさせて頂いたり、かなり内容の濃い2日間になりました。

f:id:karadacare-fukiage:20211115144921j:plain

一応スカイツリーにも観光で行ってみたり…(;^ω^)

f:id:karadacare-fukiage:20211115145126j:plain

リハサクさんはスタッフが理学療法士作業療法士で、元々臨床の現場におられた方々です。
なので、セラピストとしてエビデンスに基づいた本物のシステムを作り上げておられます。
その素晴らしいシステムをわざわざ導入する院・ジムなどは、本物志向の方々ばかり(!)
とても刺激を受けたオフ会でした。
 
リハサクを使用すると必ずお見掛けする体操のお兄さんこと桐内さんにもお会いでき、
リハサク動画内のクールな印象とは真逆のほんわかしたとても柔らかい方でした。
近藤社長はお会いするのは2回目ですが、相変わらず濃い顔と体毛でした(笑)
 

f:id:karadacare-fukiage:20211115145025j:plain

f:id:karadacare-fukiage:20211115145033j:plain

池袋のサンシャイン通り接骨院の丸山先生、葛飾区で5店舗のトレーニングジム&整体院を経営する高橋代表。
お2人とも快く施設見学を受けて下さり、本当ありがたい限りです(blush)

f:id:karadacare-fukiage:20211115144951j:plain

f:id:karadacare-fukiage:20211115145000j:plain

f:id:karadacare-fukiage:20211115145103j:plain

f:id:karadacare-fukiage:20211115145109j:plain

f:id:karadacare-fukiage:20211115145118j:plain

リハサクさんの運動にはピラティスが追加されたり、フィジカルチェック(運動機能テスト)がどんどん進化していたり…。
本当に当院には欠かせないシステムです。
 
これからもがっつり癒着していきたいと思います!(←言い方…(bittersmile))
 
 
f:id:karadacare-fukiage:20211115145041j:plain

f:id:karadacare-fukiage:20211115145047j:plain

f:id:karadacare-fukiage:20211115145137j:plain

f:id:karadacare-fukiage:20211115145144j:plain

【からだケア吹上のHP】

www.karadacare-fukiage.jp

 【からだケア吹上の公式LINE】

ご相談や問い合わせはお気軽にどうぞ~('ω')ノ

lin.ee

 

【リハサクさんのHP】(同業者向けです)

rehasaku.net

 

sunshine-street.jp

 

asfit.tokyo

思考を止めるな

こんにちは。名古屋市吹上のからだケア吹上 代表 清水です。

当院は

小学生の運動機能向上から現役世代の不調改善、さらに後期高齢者リハビリまで。

『姿勢』と『身体の使い方』を改善し、『動きやすい身体』から『もっと動ける身体』作りをお手伝いしております。

 

本日のテーマは広告や時代の流れから感じる事とそれに対して思う事です。

いつもの事ながら独り言のような内容ですが、縁あってご覧いただいている方はぜひ最後までお付き合いくださいませ~。

 

タイトルに「思考を止めるな」と書きましたが、

結論はそういう事です(笑)

 

私は約2年前に念願だった自分の治療院を開業した訳ですが、

それまで「経営」というものに関わった事はなかったので、

経済の仕組みや裏事情、経営論たるものに全く無縁でした。

それまで考えた事もほぼほぼありませんでした。

 

そんな奴がいざ独立開業をし、経済や社会・時代の流れ、その裏にある思惑などを肌で感じ、個人的に考えている事が多々あります。

 

それはいかに

「考えさせない」ようにするか

「思考を巡らせない」ようにするか…という事です。

言葉を変えると「効率的」とも言えますし、「簡単に事が済む」とも言えるでしょう。

 

 

「たった1回で!!」

「○○するだけで!!」

「これだけでOK!!」

 

今の時代、「簡単・便利」が当たり前すぎて、目に入る広告全てが「簡便」さをアピールしているものばかりだと感じます。

 

そんな訳ない…。

きっと裏がある…。

 

と最初は思いつつも、結局どれもこれもそのように謳っているので、次第に思考が麻痺してしまい、ついつい乗せられてしまった経験ないですか?

 

またデフレが凄すぎて、「安くて当たり前」にもなっていて、

もう経済としては自分で自分たちの首を絞めて、終わりに向かっていると言っても過言ではないのでは??とさえ感じます。

日本は世界的に見ても労働から十分な収入だけでなく、充足感も得られていないようですね。

その大きな一因は安売り合戦は激しくなる一方なのに、サービスや質というものにはやたらシビア。それなのに得られる収入は全く増えていかない事でしょうね。

 

働いても働いても満たされない…。

経済はもちろん、心身ともに疲弊している状態が昨今の日本なのでしょうね。

 

…ってどこかの偉い人が言ってました(笑)

 

 

簡単・便利。

そして適正価格を大きく下回る安売り合戦。。。

 

そんな長年続く日本経済の流れに慣れきってしまい、感覚や思考が麻痺してしまっているのではないか?

と感じています。

 

本来物品やサービスの価値を変換したものが支払うお金なはずなのに、

その商品やサービスの価値など考える必要はなく、まずは値段。

そしていかに簡便か。

自分だけにいかに得か?利益があるか?

 

もう思考は停止していますよね。停止させられているというべきか…。

 

その流れに乗ると、必ず薄利多売になるし、物品や情報、サービスの価値も質も下がると思うんですよね~。

 

 

人の役に立ちたいし、それを実感したい!!

そらもちろん儲けたいけど、それよりちゃんと自分が人の役に立てている満足感と自信がないと嫌だ!!

 

そんな綺麗事とも聞こえる自分の理想を追求すべく、私は開業したので、当院は今の時代の流れに乗らない事にしました。

 

広く社会に定着してはいますが、医学的根拠のない「○○矯正」なんてやはり謳いたくないし…。

不確定な要素が多過ぎる人間の身体なのに、「確実に治る」とも言えないし…。

60分¥2,980!!のようなリラクゼーション系マッサージ屋さんと同類にされたくないし…。(無資格の方やそこで働く方の悪口を言いたいのではないです)

正接骨院のように、安く済む保険で釣っておいて、上手い事乗せて結局実費で追加で払わせる事も何か悪どいな~と感じてしまうし…。

割引やポイントやサービス券や、あれこれお得感を出して人を集めるのもやっぱり好きになれないし…。

 

そんなこんなで時代に逆らっていきたいと思っています。

厳密に言うなら、時代や周りが…ではなく、自分自身が思考を止めずにいきたいのです。

価値を感じて下さるか否かはサービスを受ける側の判断になりますが、

自分は価値のあるものだけしか提供したくないのです。

簡便さやお得さで釣っておいて、半分詐欺のように人をあざむくなんてやり方は絶対したくないのです。

施術や運動・トレーニング面はもちろん、経営面でも他に流されずに自分はどうありたいか?をちゃんと考えていきたいのです。

 

そんなこと当たり前やないかいっ!!!って話かもしれませんが…。

 

 

ぶっちゃけ自分は超一流どころか、まだ一流のセラピストとは言えないと思っています。

目指しているのはもちろん一流なのですが、まだまだ良くて二流止まりだと感じています。(昔は自分の事を五流だと思っていたので、成長はできていると思っています)

なのでこれからも自己研磨を怠らず、周りに影響は受けても流されずにやっていきたいと思っています。(これまた当たり前ですが・・・)

 

まだまだ二流の自分でも、ちゃんと人の役に立てる!!価値のあるサービスを提供できる!!

とも経験上感じています。

 

これからも一流を目指しながら、本当に価値があると自信を持てるサービスを提供していきたい次第です。

それを理解して下さる方・価値を感じて下さる方だけにご利用いただけたら良いとも思っていますし。

 

当院をご利用下さる方には真摯に熱意をもって丁寧に全力で向き合わせて頂きたいですが、媚びるつもりも「お客様~」と崇めるつもりも更々ないので(^^;)

 

 

縁あってこのブログを読んで下さっている方には、是非ともご自身の思考を止めず、周りや時代の流れというものはありますが、ご自身の信じる道・軸をお持ちいただけたら…と、私なんぞが言うのも失礼ですが、そう思っています。

 

私の子供たちはまだ5歳と2歳ですが、早く自分の頭で考えられる人間になってもらいたいと考え接しています。

 

自分はどう思うのか。

自分は何が正しいと思うのか。

自分はどうしたいのか。

そのためには何をするべきか。

 

先生や周りが…ではなく、君はどうしたくてどうしたらよいと思うんだい?

 

そんな風に問いかけています。

2歳の娘はもちろん、5歳の息子でもまだまだそれを求めるのは少し酷かもしれませんけどね。

でも自分の考えよりも周りに合わせる事を重んじられる日本文化。

それが定着して癖づいてしまう前に、協調性と思考停止は違うんだよ?

という事をゆっくり少しずつ教えたいと日々接しています。

 

 

そんなこんなで、今日も思考を止めず、知識と経験の積み上げという自己研磨と、笑いのネタ探しに全力投球するのであります!!!

 

真剣に考え・生きるも大事だけど、結局は楽しくないとね~(*^▽^*)

 

では今回はこの辺で失礼します~('◇')ゞ

 

 

【からだケア吹上のHP】

千種区のパーソナルトレーニング&整体院 からだケア吹上

 

【からだケア吹上公式LINE】

からだケア吹上 | LINE Official Account

大好きな音楽から学ぶ生き方・思考の話し-その①NUBO編

こんにちは。

名古屋市吹上にあるパーソナルトレーニング&整体院

からだケア吹上の院長 清水です。

 

今回は私の大好きな音楽から学んだ(?)、

普段私が意識している事や

「こうありたい!」「こう考えられるようにありたい」

「こんな風に生きたい!!」

 

という、完全に独断と偏見に富んだ趣味&持論を展開いたします。

もしお付き合いいただける方がおられましたらよろしくお願いします~。

音楽シリーズが1番多く記事書けそうだな…笑

 

 

まず、私はかなり幅広いジャンルの音楽を聴きます。

Rock・Pops・Hiphop・reggae・R&B…だけでなく、

昭和の歌謡曲フォークソング、ジャズやボサノバ、外国の民族音楽など、

恐らくかなり幅広いのではないかと思います。

 

その中でも特に好きなのがROCKです。

ロックにも色々ありますが、良いと感じたものはパンクでもメロコアでもサイケでもガレージでも何でも良いです。

 

これまでの半生の中で、音楽…特にロックからは色んなものを与えてもらいました。

 

音楽から勇気をもらった・・・。

音楽に支えてもらった・・・。

 

そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか??

もちろん私にも山ほどありますので、その一部をご紹介いたしますー!!

 

 

まず記念すべき?1発目は…。

大好きで大好きで大好き過ぎるバンド、

 

NUBOを紹介させて頂きます。

 

 

彼らとの?彼らに関する想いではあまりにもあり過ぎて、マジで涙なしでは語れません。。。

私の思想や生き方、人生にも大きな影響を及ぼしていると言っても過言ではないくらいのバンドです。

 

今の妻と付き合いだす前に、初めて2人でカラオケに行った時も、

NUBOの曲を歌いいきなり号泣し出したというくらい、

思い出があり過ぎます!!(読んでるこっちは知らんがな…てね)

 

 

そのNUBOの代表曲と言えばやはりこちら!!

Circle」ですね。

 

ライブでは知らない者同士でも肩を組み、大きなサークルがあちこちにできる

NUBOのデビュー曲にして1番の代表曲です!!

 

中高生の音楽の教科書に載せるべき名曲ですね!!!

マジで!!!!!!!!

 

「片手メートルのこの円を 繋いで拡げて

支えてくれた手

離さずにいたい これ以上はもう

ありがとう 伸ばしてくれたその手」

 

 

「自立って言葉がだんだん重くなって 

勘違いして強がって

手離して仕方ないと思ってたけど

本当の意味はきっと 手を放し1人で立つ事じゃない

大きな輪が壊れぬようにずっと離さず立っている事」

 

www.youtube.com

 

アカン…マジで涙腺崩壊する…。

 

この曲はマジで色んな方に聞いてもらいたいです。

単純に自分がくっっっっっそ大好きな曲で、

これまでも これからも心の中に置いておきたい曲なのです。

 

1つ1つ想いを解説してるととんでもない量になるのでどんどんいきましょ~。

 

続きまして「Such one」という曲。

お祭り調のメロディに反して、歌詞は凄く染みます。

だからこそ余計に泣き笑いしてしまいます。

 

「今日も器用に進め

この不満や不安に片眼をつぶりながら 今日も進め

それでもまだ片目は開けて

これからどんな景色を見てしまうかな?

片目をつぶりながら

どんな景色を見ていけるかな?片目は開けたまま」

 

 

うん。。。

綺麗事だけじゃない世の中。

見たくもないものを見てしまう事だってそりゃあるよね…。

でも・・・きっと誰にだって、見れてホント良かった~!!

って景色もあると思うんですよね。

 

絶望・失望も残念ながらあるけれど、希望だってたまにはあるじゃん!!!

て忘れがちな事を思い出させてくれるフレーズです。

 

www.youtube.com

 

 

お次は「Allie」という曲。

 

 

「つまずかないように注意書きで溢れた

行き過ぎた生きやすさは 何故だろう 息苦しい

 

転ばぬ世界より起き上がる世界

いつか変わるように

いつも分かるように」

 

何ですかね~。この半端ない共感とハッとさせられる感。

子供を持ち、親になってより一層感じます。

 

頭では分かってるのについ言ってしまう、

「危ないから止めなさい!」

成功体験も当然大事だけど、人間失敗から学ぶ事の方が圧倒的に多いだろうに…。

子供の大切な「失敗する経験」を先読みして奪ってしまう自分。。。

 

なかなか上手くできていない時も多々あるけど、

いつも肝に銘じるように心がけております。

子供にだけでなく、もちろん自分や他人や社会にも。

 

失敗は誰だってしたくないし、恐れたりためらうのは当たり前だけど、

チャレンジしない・できない人間にはなりたくない。し、なって欲しくない。

その為には他人も社会も許しなさい…と。

 

正論はもちろん正しいのだけど、それだけで生きれないのも人間ってやつで…。

 

失敗して転んだら、起き上がれないほど徹底的に寄ってたかって叩く…

今の社会はそんな風にも見えます。

 

失敗すると起き上がれない社会ってのは、

失敗しないよう、転ばないように生きる事が癖になるだろうし、

あたかもそれが正しい生き方のように刷り込まれた人間ばかりが出来上がってしまいかねない。

それは失敗から学ぶ人間の健全な成長として、かなり危険なのではないかと…。

 

偉そうにさーせん。

あくまで個人的な考えです!!

特定の人や事象に言及してるつまりは全くないです!

 

※この曲はMVがないので添付できません。Single「bonfire」という曲のカップリング曲です。

 

 

いかん…。もっと手短にいかねば…。

 

次っ!!「On the way

 

「さよならは いつかきっと迎えに来るとしても

さよならがまだ怖いと思えるような日々を」

 

うん。認めつつも認めたくないよね。終わりはいつかは必ず来る事を。

当たり前に慣れて忘れぬよう肝に銘じています。

自分にも。相手にも。

 

次っ!!「ナイモノバカリ

 

「愛想笑いが引きつって とことん馴染めなくて

こんなはずじゃなかったのに…が口癖だけれど

 

きっと「ない物ねだり」は僕を否定するものじゃないから

 

誰かと同じことを支えに

誰とも違う事を誇りに」

 

うん。。。。染みる!!!その他は割愛!!!笑

 

 

www.youtube.com

 

 

5曲か。

こんなもんで良いかな?

 

 

今回紹介させてもらったNUBOですが、

あくまでROCKバンド・Liveバンドですので、

お上品?な音楽でもなければ、オシャレ?な音楽でもないし、おとなしい音楽でもないです。

 

が、インディーズと呼ばれる世界にしても、

機材車の運転からライブ後の物販まで、バンドの全てをメンバー自身が行う人達も珍しいと思います。

この人達の曲・活動の仕方からは、ひしひしと「心」を感じるのです。

ここまで「人の温かさ」「心」を感じるバンド・アーティストはなかなかいないのではないかな?と個人的に思っています。

 

 

最後にLIVE映像をご紹介して終わりますー。

今回紹介させてもらった

Allie(4:00から)・Such one(6:00から)・Circle(12:12から)を演ってます。

 

来年で結成20年になるほど長い事バンド活動をやっている彼らですが、

それほど売れていないと感じています。

 

流行る・ウケる音楽ではないですので…。

 

でも、清水は本当に大好きです。

からだケア吹上の棚にも彼らのCDやキーホルダーが飾ってあります。

 

f:id:karadacare-fukiage:20210917154221j:plain

 

 

好みは人それぞれでしょうが、

是非とも彼らの「心」ある音楽を聴いてもらえたら嬉しいです!!!!

 

 

全部呼んで下さった方がおられましたら、

長々とお付き合いありがとうございました~!!!!

 

ではではっ!!!

www.youtube.com

 

 

一応からだケア吹上のHPも載せておきます!笑

 

www.karadacare-fukiage.jp

名古屋市の認定手話通訳者になりました

こんにちは。

名古屋市吹上にあるパーソナルフィットネス&整体院

からだケア吹上の清水です。

 

他のSNS上ではネタとして記事をupしておりましたが…。

 

この度、『第47回 名古屋市手話認定通訳者試験』というものに合格し、

私は名古屋市認定手話通訳者となりました。

 

f:id:karadacare-fukiage:20210912145326j:plain
f:id:karadacare-fukiage:20210912145210j:plain
f:id:karadacare-fukiage:20210912145329j:plain



この話も語れば余裕で何時間も話せてしまう内容なのですが…。

できるだけコンパクトに意識して書かせて頂きますー。

 

 

私、清水がこの試験を受けようと思ったきっかけは、

ずばり

何となく・・・です(^^;)

 

すいません。ホント何となくの思い付きなんです。

 

市の広報誌で見かけて、力試しというか、

手話とか聴覚障がい者福祉とかから離れて10年以上経つし、

通訳としての勉強からは丸20年経つけど、

今の自分の実力は果たしてどんなもんなんじゃろかい!?

 

そんな軽い気持ちで申し込んだんです。

そしたら1次試験・2次試験と2回もあるみたいだし、

1次試験に受からないと2次試験に進めないと…。

 

 

ん~~面倒だなぁ…(^^;)

 

正直そう思いました。なんせ何となくの思い付きだったので…。

 

そもそも私が手話を学び始めたきっかけは、中学生の頃の「手話クラブ」でした。

高校ではボランティア関連の部活であったため、そこでも何となく独学で軽く学んでいました。

 

が、手話は一つの言語であるので、独学でめきめき上達する訳もなく、

ちゃんと始められたのは大学に入ってからでした。

大学生になるまで実際に手話を使う聴覚障がい者の方にもお会いした事もなかったですからね。

TVのドラマで見たことがある程度でした。

 

 

以前のブログにも書きましたが、私は福祉大学で障がい者福祉を専攻していた事もあり、

聴覚障がい者や手話というものに凄く興味を持ち、積極的に学んでいきました。

 

後で思えば学ぶ環境が本当に恵まれていたのですが、

右も左も分からない分からない状態だったのに、1年も経たずにめきめき上達していきました。

 

地域のサークルと大学のサークル、他校のサークルなどに参加するのが楽しくて楽しくて…。

あまりにもハマり過ぎて、

『寝言』ならぬ『寝手話』をやっていたらしいです(^^;)

(妻の証言ではたまーーーに今もしているらしいです)

 

そんなこんなで大学3年?4年?の頃には、

市が主催する「手話通訳者養成コース」というものを受け、

通訳レベルの技術なりを身に付けているほどになりました。

 

若いって良いわね~成長が速くて…笑

 

 

大学を卒業してからも住んでいた地域の手話サークルや聴覚障がいの方々とは深い付き合いがありましたが、

20代後半。それこそ勝手に『脱 福祉!』を掲げた頃に手話サークルも聴覚障がい者福祉とも離れるようになりました。

福祉から医療へ…という事で、ちょうど柔道整復師の専門学校に入った頃でもありました。

 

 

それから15年ほど経ちましたが、学生時代のキレ?技術?は当然なく、

驚くほどレベルは落ちまくっています。

熱心だったころはとても深い関わり方をしていたので、個人的にすごく仲の良い聴覚障がいを持つ友人が全国にいました。

彼らとコミュニケーションを取る際の言語としてたまに使う事はありましたが、年数回…のレベルでしたね。

 

まだZOOMやビデオチャットなんてない時代ですから…。

 

 

そんなこんなで開業した2019年頃まで話は進みますが…。

手話ができる接骨院があるらしいよ!?

そんな噂が噂を呼び、当初は聴覚障がいを持つ患者さんが結構お見えになりましたね。

 

手話を第一言語としておられる方々は、やはりちゃんと話しができる・通じる人間の方が良いみたいです。

…て、当たり前ですけど…。

 

という訳で、個人的な考えがあって手話ができる事をアピールしていなかったり、

通訳や手話サークルといった活動から離れていましたが…。

 

10年以上その分野から離れている自分の実力はどんなもんだろ?

試しに受けてみるか〜

 

という事で、受験に至りました。

 

1次も2次もそれなりの手応えだったので、まぁ大丈夫だろうと思っていたのですが、

伝達式で伺うには、今年は35人が受験して、合格したのはたった6人だっそうです。

 

しかも全国有数の大都市であり、人口100万人を超える名古屋市ですら、

手話通訳者は全体で157人だそうです…。

 

 

あらまぁ…。

結構な難関試験に受かってしまったんじゃね!?(⌒-⌒; )

何年も受けてなかなか合格できない人もいるみたいだし、

3年目でやっと合格しましたー!

て方も実際おられたし…。

 

昔取った杵柄で合格したものの、さすがにちゃんとやらなきゃいかんよね??これは…

 

と、今は気を引き締めております。

そして啓蒙活動にもできる範囲で関わっていこうかな〜と考えを改める事にしました。

 

f:id:karadacare-fukiage:20210912201550j:image

 

私は「身体障がい者」とされる方々の分野に深く関わっていたので、

聴覚障がいの分野だけをアピールするつもりはないのですが、このブログでは今後そういった内容の記事も書きたいな〜なんて考えています。

 

手話通訳はあるけど、優先座席はない社会へ!!

 

こんな過激!?風変わり!?な内容の記事も書きたいな〜。

 

誰に読んで頂けるのか分かりませんが…(⌒-⌒; )

 

それではまたっ!!